menu

プログラミングコーヒーでブレイクタイム

公開日:2019年01月09日 カテゴリー:広報部

良質なプログラミングは、99%の汗と1%のコーヒーで成り立っている

トーマス・エジソン

と、まぁエジソンはそんなこと言ってませんが、プログラマのみなさんにはあるあると感じていただけるのではないでしょうか?

クラウドファンディングで、面白いプロジェクトを発見!

プログラム言語のコーヒー「CODE COFFEE」

codecoffee

☆プログラム言語の名前を冠したコーヒーで、各種言語の特長を抽出し、コーヒーをブレンド☆

企画・コンセプトが素敵すぎる!

早速購入し、社のみんなでお茶会を開催しました。

今回飲んだコーヒー、SwiftはApple社がもともとiOS用に開発した言語。

Apple社ということでなんとアップルフレーバーのコーヒー!

え?コーヒーなのにアップル!? 想像がつかない…

なんとも爽やかでフレッシュな香り!とっても飲みやすいコーヒーでした☕️

他にも、C言語、Java、Perl、Ruby、Python、JavaScript、Goなど8種類の言語コーヒーがあり、飲み比べするのが楽しみです♪

プログラミングコーヒー

「CODE COFFEE」を飲み、頭も気持ちもリフレッシュ!この後の仕事がよくはかどりました。