menu

新しい開発のカタチ ☆国内型ラボ開発☆始まる!

公開日:2018年11月08日 カテゴリー:お知らせ, 広報部, 開発

この度、ウィズテクノロジーでは新しいシステム開発のカタチ

【国内型ラボ開発】をスタートしました!

システム開発と聞くと、こんな壁を感じませんか?

◆ユーザー企業様からのお声
・初期費用は抑えたい(システム開発は高そう)
・初回、または納品後にまとめて出費ではなく、月額払える範囲内で開発してほしい
・仕様を決めるのは難しそうだが、使いやすいシステムが欲しい
・とりあえず使えるもの(プロトタイプ的なもの)が早く、または先に欲しい
・使ってみて分かる不便さ、改良にも柔軟に対応してほしい  等々。

◆開発業者様からのお声
・仕様はまだ固まらないが、開発開始となったら即動ける技術者を確保しておきたい
・短期間、特定機能作成を受け持ってくれる技術者が欲しい
・仕様検討部分だけ参加してくれるSE、その後も随時対応をしてくれる人を探している 等々。

それらの問題を解決したい!

そこから生まれたラボ開発… それは一言でいうと

【お客様が必要な期間、必要な人数で専属チームを作ります】という事です。

それでもちょっと分かりにくいですね。

さらに言うと、

【その時必要な人(達)と契約し、かかった費用分のみのお支払いでOK】
なんです!

例えば、今月は仕様を決めるところまでを行い、専属SEが10時間作業しましたという場合、
その10時間分の費用のみ、ご負担いただくことになります。

翌月は画面デザインの為、打ち合わせにSEが10時間、デザイナーが6時間作業しましたと
いう場合には、それぞれの費用分のみのご負担となります。

これとこれもやりたい!というご要望に対して、月のご予算をオーバーする見込みの場合は
事前にお伝えし、その月に行う内容を調整していただくことも可能です!

・ここまで作ってもらったけど、大きく変更してもらいたい。
・使ってみたら、こういうパターンもあったので盛り込んでほしい。
・この日から開発着手予定だったけれど、着手が1週間遅れそう。 などなど

そんな場合も大丈夫!

かかった費用分のみのご負担なので、別見積が必要になったり、契約期間だからと
作業がなくても固定費がかかるという事もありません。

そして、対応する技術者は日本人エンジニア!
作業場所は、当社オフィス内!
言葉や感覚の違い、時差等の心配はありません!

 

様々なご要望に柔軟に対応できる、新しい開発システム!
【ウィズテクノロジー国内型ラボ開発】

みなさんの「こんな形のシステム開発できますか?」にきっとお答えします!

詳しい話を聞いてみたい、こんな依頼は出来ますか?等々ございましたら
お気軽にお問い合わせください。