menu

会議室がコーヒーカフェに!! directed by 北浜ポート焙煎所様

公開日:2019年07月02日 カテゴリー:イベント

珈琲試飲会

良質なプログラミングは、99%の汗と1%のコーヒーで成り立っている

こんな名言が生まれてしまうほどに、コーヒーとは切っても切れない私たちプログラマ。

今回なんと!スペシャルティコーヒー専門店『北浜ポート焙煎所』様が弊社にお越しくださり、スペシャルティコーヒーのうんちく話、初心者向けハンドドリップ講座、などを盛り込んだ試飲会を開いてくださいました✨

スペシャルティコーヒーとはなんぞや

一言でいうと、『高品質のコーヒー』だそうです。

もう少し詳しく言うと、生産地がわかり、味見したスコアが80点以上、生産からみなさんの手元に届くまでの履歴がわかり、環境への配慮も求められるコーヒー豆を使ったコーヒーが、スペシャルティコーヒーなんだそうです。

珈琲試飲会

今回の試飲会がなければ、なにが違うのかわからなかったコーヒー豆の品質。

スペシャルティランクの豆は、市場に出回るコーヒー全体の約5%しかないそうです。

今回そんな貴重な豆を当日朝から焙煎し、持ってきてくださいました!!

その豆を使い初心者向けハンドドリップ講座がスタート!

おいしいコーヒーの淹れ方

コーヒー試飲会

こだわりのおいしいコーヒーを自分で入れたい!!という方は一度試してみてください。

詳しい入れ方はコチラ▶▶▶ http://www.kitahamaport.com/?mode=f3 (北浜ポート焙煎所さんのホームページ)

まずはお手本。注ぎ始めの30秒の”蒸らしの時間”が重要だそうです。

コーヒー試飲会

お湯を注いだ時、粉が膨らむのは新鮮な証拠だそうで、ぷっくり膨らんでます✨

コーヒー試飲会

30cc注ぐ→30秒後に70cc注ぐ→30秒後に70cc注ぐ→30秒後に70cc注ぐ

2分かけて240ccのお湯を注いだら、ドリッパーを外してできあがり!

部屋の中はコーヒーのいい香りでいっぱいです!早速みんなもチャレンジ!

コーヒー試飲会

今回試飲させていただいたのはエチオピアの豆とインドネシアの豆でした。

雑味がなく、普段ブラックが飲めないメンバーも、ブラックコーヒーのままでごくごく飲んでました。

おいしいコーヒーを作るためには、焙煎した豆(2~3週間以内)を使い切れる分だけ挽くのが一番いいそうです。

そんなことなかなかできない!という人は、お湯(90度)の注ぎ方を意識するだけでもコーヒーの風味が良くなると思ので、ぜひチャレンジしてみてください。

最後に

北浜ポート焙煎所オーナーの高橋さんの、みんなに本当においしいコーヒーを飲んでほしいという熱い情熱と、品質管理からお届けまで妥協を許さない深いコーヒー愛、がとにかく凄かったです。

スペシャルティコーヒーの魅力とそれに懸けるオーナーの情熱がそのまま商品の品質に表れていたので、もし自分の大事な人にコーヒーギフトを贈るなら、絶対北浜ポート焙煎所さんで購入したい!そう思わずにはいられませんでした。

頑張った自分へのご褒美にもらってもうれしいな~

その日の午後、試飲会を開いた後の会議室はコーヒーのいい香りに包まれ、気分はおしゃれカフェで仕事するノマドワーカーでした。