menu

Ubuntuの初期設定

公開日:2017年10月17日 カテゴリー:linux, コマンド, 備忘録

Ubuntu と CentOS とではパッケージインストールコマンドが異なったり、インストール先ディレクトリパスも微妙に違います。

Ubuntu 独自仕様で翻弄されないように、Ubuntu コマンドを備忘録として残しておきます

◆パッケージ管理コマンド – apt/apt-get

yum は redhat 系のコマンドなので Ubuntu では使えません。

◆インストール済みパッケージ一覧

grep 併用することでパッケージ名を絞り込んだりできます。

◆Ubuntu初期設定にしておきたいこと
パッケージ管理DBが持っている情報を更新します。(バージョンアップではない)

GUI が入っていると何かと面倒だったりするので、GUIが入っている場合は削除しちゃいましょう。

Ubuntu で vi すると、何かがおかしい・・・
初期に入っている vi のバージョンが古いことが原因だそうで、使いにくいので vim をインストールしましょう

初期状態ではSSHログインできないので、sshdをインストールしておきましょう

日本語化

ttyログイン(VSphere Client のコンソール)だと文字化けするのでそれ対策。末尾に追記してください

内部向けサーバーの場合、ホスト名を適宜設定しておきましょう(ホスト名は分かりやすいものがいいです)以下は設定例です

システムファイルのアップデートを実施。その後サーバー再起動しましょう。

◆ネットワーク設定(IPアドレス変更)
ubuntu のネットワーク管理が2種類?あり、network-manager というものが存在するようでGUIと連動しているように見受けられます。(設定:/etc/NetworkManager/~)
ここは /etc/network/interfaces で一元管理できるようにします。

network-manager を削除

IPアドレスを変更する場合、まずネットワークインターフェース名を確認

あるいは ifconfig で出てきた一番左の部分にある文字列がそのインターフェース名になります

例:ens160、eth0 など

インターフェース名を控えたらIPアドレスを設定して反映しましょう

設定を反映します
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
本番稼働のサーバー、ネット上に出ているサーバーでは極力実行しないでください!
コンソール接続できる環境があれば最悪なんとかできますが、
SSHでしか接続できないことがほとんどだと思いますので
基本的にはIPアドレス変更実施はテスト機など内部向けサーバにしてください
設定が失敗してしまうと、最悪システムダウンします。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
インターフェース(ここではens160)に設定されている情報を flush してから、ネットワークサービスの再起動をしましょう

なぜかネットワーク再起動だけでは設定反映されなかったので、一度設定を flush してから再起動を行っています。

ifconfig を叩いてIPアドレスが変更されたか確認してください。

◆SMTP-25 立てて外部にメール送信したい
Ubuntu は初期状態だと 25 ポートは立っていないので、localhost : 25 接続してもメール送信できません。
SMTPポート:25 を立てたい場合は、postfix をインストールしましょう

動作確認

→ メール受信できているか確認してください